スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何を信じるか。。
2006年07月31日 (月) | 編集 |
最近のpandaは悩んでました
彼を信じればいいのか、信じるに値するヒトなのか。。

書いてから長いことに気付く。汗
続きから読むにかえます?

きっかけは新聞記事
名前は伏せられてますが、KAT?TUNのメンバーが24時間テレビの記者会見後の囲み取材で失礼な態度を見せたことへの厳しい激励の内容でした

記事を書いた人は普段はジャニーズに対して好意的な記事を書いてるヒト
そして、事務所からのクレームもないまま新聞に載っている
記事の最後に記者の方が
『あなたにはスター性が十分にあるが、あまりに失礼な態度ではないか
周囲のスタッフが注意する必要もあるが本人が気付くしかない。
そしたら彼はもっと大物になれるはず。
担当の記者として、彼の将来の為にも言わせてもらいたい。
「もう少し社会勉強をしなさい!!」』
彼の将来を考えて助言、という形で〆られているのがなんとも。。

どのような背景があったかなんてわからない
そんな態度を取らざるを得ない記者の質問があったのかもしれない
だけど、やっぱりお金を貰いプロとしてお仕事をする以上
記者会見後の囲み取材で他のメンバーが真面目に受け答えしているときにタバコを吸うのはどうなのかな
って思いました

私はそこでハッとしたのね
名前は伏せられているのに。
勝手に『ジン』だと思い込んでる自分
それってジンをそういうことをしそうだなぁって見てるって事でしょ?
彼を信じ切れてないのかなぁって思いました

pandaの応援の仕方はfanとしてどうなんだろう。。。
盲目に応援するだけがfanとは思ってないです
もちろんそうゆうヒトもいていいんです!
十人十色ですもん
ただ、ジンの全てを受け入れて応援するというスタイルをpandaはとってない
愛があるから厳しいことも書きます
プロ意識が低いところがあるのは事実だと思う
そこも受け入れて好きか?
と聞かれたらpandaは『NO』です
ステージングや歌声、演技する姿には本当に神が降りてきたんじゃないか?ってくらい輝きを発揮するジン
だけど、まだ幼い部分があるよなぁって思う
そこが彼の魅力にも繋がってるんだもん
fanとしてはホント、痛いところです

全てを受け入れて応援すべきなのか
それが出来ないなら応援するのをやめるべきなのか
やめることなんてできるのか
長くpandaの課題になってます

ヒトに感化しやすいので批判もOK!な記事を読めばそうだよね、と思う
逆にコトあるごとに批判するならfanなんてやめれば?、という意見を耳にすると激しく凹んだり。。
でも!決して批判はしてません!←毒は吐いてるけど。。汗。

pandaは恋愛やプライベートに関してはかなり放任主義です
彼がOFFに何をしていようとヒトとして間違ってないなら全く無問題!
自由なプライベートが仕事に反映するって思ってるから
だけど、仕事に関してはちょっと厳しいのかも
だから、カメラの前で
『もう帰りたい』
なんてセリフを聞くと激しく可愛い!!!!と思うと同時に
仕事中になんてセリフを!とも思う

最近体を病んでおりまして
非常に弱気が続いています
ジンに癒して欲しいというキモチが強すぎたのかな
fanが支えてあげないとなのに。。

しかし、私は彼らに癒しを求めてます
頑張ってる姿を見るだけで自分も頑張ろうって思えたりする
笑顔に幸せを分けてもらう

そうゆうのを求めるのはワガママなのかなぁ

で、考えて考えて。。
これ以上考えても駄目だ!ってくらい考えて。。。

今のpandaの結論。
NGな部分もあるけれど、愛のある毒(笑)を書きながら応援したい!

ジンを信じたい
そう思っています
記事の『彼』が誰かは詮索しません
ジンかもしれないし
他の誰かかもしれない

私は、TVで見せるジンの姿を信じたい
障害を持つ少年たちと楽しそうに踊ってる姿や、無邪気な笑顔を信じたいと思ってます
一生懸命仕事に取り組んでいる姿だって見てる

応援の仕方は人それぞれ
pandaはpandaのやり方でいきたいと思います
打たれ弱いので出来るだけ記事を読んでくれた人には理解してもらいたい。。。←切実です。

ジンがダイスキです
簡単にやめるなんて出来ないの(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
スポンサーサイト
テーマ:赤西仁
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。