スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイヨウのうた
2006年06月22日 (木) | 編集 |
水曜日見てきました!
タイヨウのうた
やっぱりいい映画でした。。

公式サイトはこちら

?あらすじ?
XPという遺伝子の病気で太陽に当たれないカオル
彼女の楽しみは駅前でのストリートライブと毎朝窓から『彼』を見ること
いろんなことを諦めてきたカオルを優しく包む両親と友達
でも、偶然の再会から彼との距離が近づき・・・・・・

劇場で予告を見るたびに泣いてたpanda
絶対見る!と決めてました

音楽と映像の融合がここまですごいのか!
とYUIちゃん演じる雨音薫が歌う『Good by days』が忘れられない映画でした
YUIちゃんの演技はつたないながらもカオルになりきってたし
塚本君もいい男でした
(でも、もう高校生は無理かも。。(^-^; )
私のイチオシはカオルの父親を演じた岸谷五朗さん
なんでこんなに上手いの!
って見入っちゃった
深刻な話の中にすぅーっと息抜きの笑いの間をつくってくれるの
笑いも取れてナミダも引き出す
最高の父親でした

ストリートで歌うカオルもすごくよかった
それ以上にスタジオで歌う姿が最高にしびれました
背景とかキモチとか。。。
いろんなものがこみ上げてきてしまった

全体的に効果音も含めて静かな映画なので、鼻をすすれず苦しんだ(笑)
泣き虫だけど、泣きたいわけじゃない
なので病気が絡む物語は本来苦手です
何か、きっかけやよっぽと惹かれるものがないと見ない

この映画は番宣や予告を見てしまっていたので結構ストーリー展開が読めてしまってそれが残念だなぁとも思ったけれど、予告を見てなかったら絶対見に行かなかったとも思う
予告マジックだわ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

ラブシーンもあるんだけどあれも良かったわ?
予告にも入っているんだけど踏み切りで。。
カメラは遠い場所からのアングルなのでホントにしてたかは不明(笑)

濃厚なのも好きだけどヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
こんな感じのさわやかなラブシーンのほうがドキドキします

バカ と言われてしまうコウジ
だけど、彼女のCDを作るためにバイトしたりそのひたむきな姿は本当に好感が持てました

でもなぁ
塚本君
ビジュアル変わったのかナ・・・・・
なんかアングルによってはものすごく「え???」ってなってしまって。。

ドラマでは山田サン・・・・・
濃いのは苦手なんだけど、沢尻エリカちゃんは上手いし、二人のカラミがどんな感じではまるのか楽しみo((=゜ェ^=))o''ワクワク♪
TBSは映画化した作品をドラマ化するのが続いてるけど、予想を裏切り丁寧に二人の心の揺れ動き、主役を囲むまわりのキモチを上手に表現してて、ドラマもすごく楽しめるんだよね
静かながら綺麗な風景と繊細な演出が光るんだな・・・・
綾瀬はるかちゃん、ミムラに引き続き透明感のあるエリカちゃんの演技に期待!
スポンサーサイト
テーマ:タイヨウのうた
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。